shop
検索
cart

カートを見る

        WEB-BOOK/電子書籍

  「 額縁と額装 」小笠原尚司、小笠原よしえ共著
                                制作協力/石井温子
      ー マット制作編 ー


          画像をクリックすると購入画面になります

          kobo(楽天)でも購入出来ます。


Vol.26:ビゾーファンタジー・ア・オヴァル
オヴァル(楕円)の窓口をビゾー・ファンタジーで制作して思い出の品「かんざし」を納めます。このテクニックは平面の絵や版画等を額装するのにはもちろんですが、ビゾー部分に厚みがあるために立体的なオブジェ等を額装するのにも適しています。

Vol.24:オヴァル&レクタングル
楕円と長方形の組み合わせのマットによる額装です。スポットライトに浮かび上がる芝居の一場面のような効果をパスパルトゥー・サンプルの技法で演出します。

Vol.23:ラビ・スュール・ビゾーファンタジー
Lavis sur Biseau Fantaisie は、古典技法Vol.04/ラビ・タンタレテとVol.07/ビゾーファンタジーを合わせたデザインです。ビゾーファンタジーの幅広のビゾー部分にラビの彩色を施し、古典と現代的デザインをミックスして古い版画や写真等に合わせます。

Vol.21:ペロケ
Perroquet(ペロケ)とはフランス語で鳥のオウムを意味します。まるでオウムのクチバシのように見える窓口の意匠からこの名前がつけられたのでしょう。二羽のオウムが向き合って口を大きく開いているかのようなユニークな様は他の額装テクニックにはない独特のデザインです。

Vol.19:ビゾー・ドロア
Biseau Droit(ビゾー・ドロア)のDroitはフランス語で直角や直線のことを言います。窓の斜断面の角度を45°ではなく直角に開けることでシンプルでモダンな仕上りとなります。

Vol.16:ラビ・ポショワール
Lavis Pochoir (ラビ・ポショワール)のPochoirはフランス語でステンシルのことを言います。マットの上にマスキングテープを貼りステンシルの型紙のように色をのせる部分を限定し、点描画の要領でイメージに合わせた装飾を施します。

Vol.14:フィレ・デシレ
フィレ・デシレ(Filets dechire)のフィレはフランス語で線や帯、デシレは破かれたという意味です。今号で紹介するフィレ・デシレは、額装するイメージに合わせて選んだ数枚の色紙を重ねて手でちぎるように破き、そのギザギザの切り口の色の重なりをフィレとして装飾に利用します。

Vol.12:ボックス・スタイル
ボックス・スタイルの額装は、言葉のとおり額縁を箱状にして平面作品はもちろん立体的なオブジェやキャンバス等を額の中に納める額装方法です。フランス語ではボワッタージュ(Boitage=箱)と呼び、標本箱のように深さや大きさを調整すれば、あらゆるものを箱の中に納め額縁で引き立てることができます。

Vol.11:ラ・ゴルジュ
ラ・ゴルジュ(La Gorge)はフランス語で溝を意味します。マットの窓の周囲に幅5~10mm程の溝のような切り込みを入れ底の部分を化粧することによって様々なデザインを可能にします。斜断面と同じ素材や色で統一することで、窓口から周辺に広がる色の連続性を楽しんだり、マーブル紙を使えばアクセントとしても効果的な額装を提案できます。

Vol.09:スーヴェール・ア・オングレ
Sous-verre a onglet。木やスチールで出来た市販の額縁を使わずに、好きな紙や布でマットの周囲を貼り包むことで額装が完了します。誰でも気軽にコストをかけずに制作することが出来、子供の絵や版画、スナップ写真の額装等に使いやすいフランス的な額装の一手法です。

Vol.07:ビゾー・ファンタジー
ビゾーファンタジー(Biseau Fantaisie)は斜断面(ビゾー)部分の幅が広くゆるやかに弧を描いた形状の化粧紙によって主題の周囲を取り囲むテクニックです。フェミニンな印象のマットで、使用する素材や色紙によって様々な演出が可能な遊び心に富んだ額装でもあります。

Vol.06:ビゾー・クラシック
マットに開けた窓の斜断面(45度の切断面)を、金銀箔はじめ様々な素材で化粧することによって主題をよりいっそう引立てるための技術です。表面のマットの素材や色との組み合わせも自由で、着物の半襟のように額装が色めきたちます。額装の基本であると同時に最も大切な技術の一つです。

Vol.04:古典技法編 /ラビ・タンタレテ
17〜18世紀フランスを中心に版画やデッサンの額装に施され始めたマットの装飾技法(Lavis)は、今日でも古い版画やボタニカルアートのための額装として欠かせない技法の一つです。この本ではそんなラビの代表的な手法、Lavis teinte arreteのためのハウツーを紹介します。

Vol.02:基本編/マットの制作
額縁と額装のためのハウツー本。 マット制作のための基本的技術を学べます。額装用の厚紙に45°の角度の切り口で窓を開ける最も基本のシングルカット技法とブックマット、好みの色紙をマットに貼り込むオリジナルマットの作り方を写真とテキストで分かりやすく説明したマット作り入門編。裏板の作り方や額縁への納め方も紹介しています。